2013年1月5日土曜日

みつテク:Web記事を本にしてKindleで持ち出そう!

最近見つけたちょっとしたおもしろいテクノロジーや便利サービスをサクッと紹介する「見つけたおもしろテクノロジ」略して「みつテク」です。

あっと、あけましておめでとうございます!
今年の冬はあまりに寒いので、初詣以外では家に引きこもっていました。
そんな僕のゴロゴロ正月に拍車をかけたのが「Kindle(きんどる)」です。
いわゆる「電子書籍」ってやつですが、もう外にいかなくても欲しい本をその場で買えるは、トイレでもスマホで続きを見られるは、布団から出ずに次の巻読めるはでテクノロジー万歳ですよ。(=すごいダメ人間)

Kindleの「どこでも気軽に好きなだけ読める」便利さは慣れると病みつきになります。
この便利さ、本だけではもったいない!

今回の「みつテク」ではそんなKindleの活用方法として、あとで読みたいなと思ったり気に入ったWebの記事を、手軽に2クリックでKindleに読み込む便利テクニックをご紹介します。
インターネットには面白い記事や、小説、マンガが散りばめられています。これをぜ~んぶKindleにコレクションしていつでもどこでも読みふけっちゃいましょう!

■やりたいこと

まず、簡単にKindleの仕組みをおさらいしましょう。
「Kindle」はamazonが運営している電子書籍の流通サービスです。ユーザーはamazonから電子書籍を「ダウンロードする権利」を購入し「Kindle」ソフト(アプリ)を経由して書籍データをダウンロードします。
本のデータ自体はamazonにあり、権利を買った本はユーザーの「クラウド」に登録され、いつでも何度でも好きな端末でみることができます。このクラウドはamazonが用意した、自分専用の本棚だと思ってください。

さて、この「クラウド」にはamazonから買った本とは別に、自分で好きなデータをおけるスペースがついてきます。ココには手持ちのPDF(電子書類)データなどを置くことができ、置いたデータは「パーソナルドキュメント」としてamazon本と同じように本棚に登録され、ダウンロードして読むことができます。ココが狙いです。

つまり、パソコンなどで「今見ているWebページ」を
①Kindleで読める形の電子ファイルに変換して
②自分のクラウド(本棚)にパーソナルドキュメントとして送る
......事が出来ればいいわけです。うーん、手順はわかったけど結構めんどくさそう......。


■探したらやっぱりあった

この面倒くさい作業をわずか2クリックで終わらせてくれる神のようなツールがあります。
それが「Push to Kindle」です。
開発者さまありがとう!!!

「Push to Kindle」はPCブラウザ用の拡張ソフトです。Google Chrome, Firefox, Opera, Safariで使うことができます。まぁGoogle Chromeを使えばいいと思いますけどね。IEでは使えません。IEを使っている方は今すぐGooge Chromeに乗り換えましょう。Google Chromeさいこう!さいこう!!
※訳:以下Google Chromeを前提にせつめいします


(1)まずは感謝のダンスでも踊りながら「Push to Kindle」のページに行きます
 


(2)ちょっと下にスクロールするとある「Browser extensions」からお使いのブラウザを選んでください
  
(3)Google Chromeの場合は、ここをポチっと押す
 

(4)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


これで導入は完了なので、Push to Kindleのアイコンをぽちっと押してみましょう。

うおお!すげぇ!!
自動的にWebページをKindle用のデータに変換して、プレビュー表示します。
画像もしっかり入りますし、バナーなどの余計なものはちゃんと除外してくれます。
あとは「Send!」ボタンを押せばKindleで読める!
......の前に、自分のクラウド(本棚)と接続する設定が必要です。

(5)自分のKindleに割り当てられている送信先アドレスを確認します
Amazonページのカテゴリー>Kindle>My Kindle
  
メニューから「パーソナル・ドキュメント設定」を選んで「Send-to-Kindle Eメールアドレスの設定」にあるアドレスをコピー
  
※端末が複数台登録されている場合、指定した方の端末に自動的に落とされます。でもクラウドにはちゃんと入るのでどちらを選んでも大丈夫。
(6)コピーしたアドレスを、先程のPush to Kindle画面の①「Send to」に入力します。
同時に②「Send from」のアドレスをメモしておきます。
このアドレスをAmazonに登録しないとデータをクラウド(本棚)に送れません。
 

(7)再びAmazonのMy Kindleページ>パーソナルドキュメント設定に戻って「承認済みEメールアドレス一覧」に先ほどの②「Send from」のアドレスを登録します。

これですべての設定完了です!
さっそく好きなWebページでPush to Kindleしてみましょう!

おおっ!ちゃんと入った!!

もちろんAmazon本と同じようにページをめくって快適に読めます。
■電子であることの自由を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?
いままでWebページを「あとで読む」ためのサービスはInstapaperなどがありましたが、今のところ僕の中で一番しっくり着ているのがこのPush to Kindleです。

この違いはなんだろう?と思ったのですが、Kindleは紙の本と同じように「本棚に本をコレクションする」という楽しみがあるような気がします。確かにWeb記事をあとで読むだけならInstapaperで用は済みますが、Web記事を書籍と同じように扱い、コレクションの一部にすることで、なんかだ特別な感じがしてきませんか?

電子書籍が「紙の本を奪う」とネガティブなイメージを持たれている方も多い昨今ですが、「新しいコレクションの形」と考えてみるのも面白いかも知れませんね!